起業初心者向け会計ソフトの選び方

会計ソフトの選び方

起業したての個人事業主向けの会計ソフトには色々あります。

ネットで検索しても沢山ありますし、調べていくうちにどれが良いのか分からなくなることもあります。

また、会計ソフトと一口で言っても、従来のインストール型と最近のクラウド型では異なります。

インストール型は会社や会計事務所ではよく使われ、文字通りPCにインストールするタイプの会計ソフトです。

会社の規模が大きかったり、いくつもの会社やビジネスをしている場合には良いと思いますが、起業したての個人事業主にはクラウド型がお勧めです。

ではクラウド型の会計ソフトを考えた場合、何を基準に選ぶのが良いのでしょうか?

3つの観点

その場合は、次の3つの観点から考えるのがお勧めです。

第1に年間で係る費用、第2に使い勝手の良さ、第3にフォロー対応や相談についてです。

会計ソフトの年間費用

一般的に会計ソフトの年間使用料は、1万円から数万円の範囲内です。

その中でも起業したばかりの個人事業主にとって利用しやすいのが、弥生で出している「やよいの青色申告オンライン」、あるいはマネーフォーワード クラウドといったクラウド会計でしょう。

やよいの青色申告オンラインですが、セルフプランを選択すると最初の1年間は無料で利用できます。

他のクラウド会計は、年間1万円から3万円以内で、こちらもリーズナブルな価格です。

この程度の価格帯であれば、起業初心者にとっても支払いしやすい金額だと思います。

使い勝手や相談について

では使い勝手についてはどうでしょうか?

これについては、実際に使って比較するのがベストですね。
このようなクラウド会計は、無料サービス期間を設けている場合がありますので、まずはその期間試用してみるのがお勧めです。

例えば、画面の構成、入力するセルの位置、操作自体がスムーズにいくかとか、視覚的なものと実際の使用感を見て決めるのが良いと思います。

何か問題があったときに相談体制が整っているかを確認することも大切です。

そのほかにも毎年ある税制や法令などの改正に対応しているかを確認しておくのも良いでしょう。

相談に関しては、チャットやメールでの相談になると思いますが、それが難しい場合もありますので、画面上ではなく実際に会話で問い合わせが可能かどうかも調べておきましょう。

メリットとデメリット

このようなクラウド上の会計ソフトは、入力、申告、集計といった基本的な操作については初心者にも対応していますので、一般的な作業については特に問題はないと思います。

また、決算書の作成や確定申告書類の作成だけではなく、請求書の発行にも対応しているものもありますので (注:有料の場合もありますので、要確認)、その点もメリットがあると思います。

但し、デメリットもあります。

操作上の相談やその他の疑問について、チャットやメールでしかできない場合は、解決に至らないことやもやもやが残ることもあります。

ですから、会計士や会計に詳しい専門家から会計作業の効率化についてアドバイスを貰うのも良いでしょう。

個人事業主にとって大切なこと

そもそもビジネスをする人にとって、ビジネス上のお金の流れを把握することはとても大切なことです。

ですから、入力作業をするだけにとどまらず、その入力作業の結果、入金、支出を含めたお金の全体像を把握し、今後のお金の流れを数字の上で掴んでいく、予想を立てるためにも、会計作業は大切になります。

ですから自分がやりやすく、使い勝手が良いクラウド会計を選び、日常の処理業務が滞りなくできるようになるためにも、

数字のデータに基づいて経営や今後のお金の流れについて定期的に相談できる専門家をつけることも大切になってくるでしょう。


わずか2時間で完了!税金対策もできる!
青色申告届出書作成と税金講座

起業、開業準備